僕のいない街に天使の羽根が降る

アクセスカウンタ

zoom RSS 羞恥心&フレンズ、ミニライヴ・リポート(1)

<<   作成日時 : 2014/11/08 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どもで〜す。大都会TOKYOで嵐のように忙しい五日間を過ごし、昨晩無事にちろりん村へ戻ってきました。
うーん、やっぱ田舎は落ち着くのぅ〜。(-。-)y-゜゜゜
久し振りっちゅうこともあって、都会の喧騒とごちゃごちゃした景観には思った以上に神経が疲れた。心配していた体力面はまぁ、楽しかったからですかね。けっこうだいじょぶでしたよ。
てなわけで早速、お約束の25日(土)にお台場合衆国Happyスタジアムで行われた「FNSの日26時間テレビ」のイベントについて、詳しいリポートをお届けしたいと思いま〜す。イェッ♪(^^)v

前日が曇りや雨の不安定な天気だったので、イベントの行われる時間にザバザバ降らなきゃいいなぁと心配していたのですが、当日はそんな不安など吹き飛ばすようなピーカンで、おまけにめちゃくちゃ暑かった。ただお台場のあたりは、海の近くということもあるのか、ちょっと気を抜くと吹き飛ばされそうなくらい風が強かったんです。だから暑さという点では多少助かりましたかね。「フジテレビランド」の長い階段を上り下りしたときなんか、あまりの強風に帽子を被ったままではいられなくなり、髪の毛が乱れまくってほぼ貞子(だっけ?)状態でしたけど。(^^ゞ
小5の姪っ子ひなちゃん(仮)が、フジテレビの夏休みの恒例イベント「お台場合衆国」も見て回りたいと云うので、ライヴのほうは夜7時からだったんですが、当日はお昼ご飯を食べるとすぐに出かけました。山手線で新橋へ行き、そこでゆりかもめに乗り換えて「船の科学館」駅で下車。そこからだと「お台場合衆国Happyスタジアム」のある「オダイバランド」に一番近いんですね。
あッ、そういやゆりかもめから、海辺に立つガンダムの巨躯が見えたんですよ〜♪フジテレビの社屋がある「台場」駅の手前あたりだったかな、見え出したの。等身大なんだそうですが、生憎ワタクシは、ガンダムの身長がどれくらいあるのかわかりません(笑)。前面が海、周りを緑の木々に囲まれて、その梢より肩から上が覗いているんです。颯爽としてめっちゃカッコよかったぁ〜♪あんなデカいものを、どうやって設置したんですかね?近くに行ってじっくり見たい気もしたけど、時間的にも体力的にもそんな余裕はありませんでした。ちょっと残念。(^O^)

んでコレが、「船の科学館」駅から見た会場のHappyスタジアム。↓

画像


あれ?屋根がある、野外のイベントだってゆうから天気の心配したのに。(-_-)
実際近くへ行ってみたら、ステージと客席の一部にだけ屋根がありました。↓

画像


スミマセンね、こんな写真しかなくて。(^^ゞ
だってライヴや会場内の様子は「撮影禁止」だと煩く云われたし。せっかく楽しみにしていたイベントなのに、注意なんかされて姪っ子に恥ずかしい思いをさせたくないでしょ?
午後4時からの回には、写真にも映っている大きな衝立がスタジアムの周りにめぐらしてあり、当選メールを持っていない「オダイバランド」の入場者からは見えないようになっていました。ただ当然、音まではシャットアウトできないため、近くにいればライヴを「聴く」ことはできたでしょうね。

さて駅を降りたワタクシとひなちゃんは、「オダイバランド」のウェストゲートへと向かい、そこで入場料を払って(もちろんライヴを観覧するだけの人は、ゲートの外に並ぶようになっていて、この入場料を支払う必要はありません)、とりあえず「はねるのトびら」の会場へ。「ギリギリス」で使用された道具の展示とか、入場者がチャレンジできるゲームとかをやっていて、夏休みの日曜だったのでかなり混んでいましたが、うーん・・・ワタクシの個人的な感想としては、特にどうということもなかった(笑)。逆に「えー、これで大人1500円、子ども1300円もとるの〜?」とか思ったりしました。単に今までの「冒険王」という名称を「お台場合衆国」と変えただけで、中身はほぼおんなじなんじゃないかな。営業妨害をするつもりはまったくないんですけれども。(^^ゞ
ひなちゃんも別に未練はないようだったので、そこを出て近くのおみやげショップへ。ライヴに来れなかった双子ちゃんのために、ヘキサゴンのコーナーで何かおみやげを買って帰ろうということになったんですね。羞恥心のTシャツが各2990円、たかッ!羞恥心タオル、1880円、それもたかッ!(笑)。今思えばうちの母も羞恥心ファンなんだから、せめてタオルくらい買ってあげればよかったんですが、そのときはすっかり失念していたのね。しょうがないので、何点か小物を買った中から双子ちゃんが選ばなかったpaboのストラップをあげました。いや、ホント申し訳ない。m(__)m
双子ちゃんには「羞」と「心」のマスコットがついたストラップ。こんなのです。↓

画像


かわゆかろ?すごく気に入ってくれたらしく、ケータイは持っていないからと、さっそく自分のカメラにつけていました。
そういやなぜか「恥」、つまり野久保くんのマスコットが置いてなかった。あったら自分のために買ったのに。(-_-)
で、おみやげを選び終えて会計へ行こうとしたときでした。ショップの入口に若い女の子たちが集まって、何やらHappyスタジアムのほうを見ている。ショップの床が一段高くなっているので、衝立ごしにステージの様子がほんの少し覗けるんだけど、案の定そこから・・・。
「ほら、ひなっち。あれってつるちゃんだよ、4時からのにしては早いし、リハーサルみたいなのしてるんじゃない?」
「えー、どこどこ?わかんなーい」
「髪の毛を見ればわかるじゃん、つるちゃんて金色でしょ?」
という会話を経て、ようやくひなちゃんにもわかったようでした。
しかもマイクの確認をしているらしく、「えー、あーあー」とつるの剛士さんのナマ声まで聞こえてくる。二人して顔を見合わせ、「何だかドキドキしてきたね♪」と、ついにやけてしまったのでした。(^O^)

→「羞恥心&フレンズ、ミニライヴ・リポート(2)」へ続く

関連記事
→「キターーー!! \(^o^)/ チケット不敗神話ふっかあつ!
→「夢のステージinお台場合衆国
→「羞恥心&フレンズ、ミニライヴ・リポート(3)
→「羞恥心&フレンズ、ミニライヴ・リポート(4)

(この記事は2009/7/29に更新したものです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
羞恥心&フレンズ、ミニライヴ・リポート(1) 僕のいない街に天使の羽根が降る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる